青汁を更に美味しく飲みたい
青汁を更に美味しく飲みたい
青汁を更に美味しく飲みたい > 料理に青汁を使う際の注意点

料理に青汁を使う際の注意点

せっかく通販や店頭で購入した青汁が口に合わなかったら、そのまま捨てるのはもったいないですよね。
そういった時におすすめの飲み方の一つが料理に青汁を料理に使用することです。
口に合わなかった青汁を料理に使っても大丈夫なの?と思われる方もいるかもしれませんが、案外マッチすることもあります。
本当に味がダメな場合は強い味のする肉料理などに混ぜることで、栄養価の底上げができます。
青汁をそのまま飲むのが無理という子供さんにどうしても与えたい場合にもおすすめですよ。

料理に青汁を使用して摂取する方法について、加えるのであれば練り物や味の強いものをチョイスしましょう。
青汁に違和感の無いようなサラダのドレッシングなどはそのまま使ってみても大丈夫かもしれませんが、その際にはしっかりと薄めて使うことをおすすめします。

個人的なおすすめはカレーやハンバーグに青汁を混ぜることです。
意外な組み合わせに思えるかもしれませんが口に運んでみると違和感なく食べられます。
カレーの場合は、煮込み始める前、カレー粉を加えるタイミングで加えましょう。
粉末状なのでサッと溶けてくれるでしょう。
普段のカレーと比べても緑色になったりはしないので問題無いです。
ハンバーグに使う場合はひき肉などの具材のタネを混ぜる時に青汁を混ぜましょう。
味が染みて変わった味になることは少なく、逆に深みが増した味になるのでおすすめの方法です。

いずれの料理に使う場合も加えすぎはNGです。
加えすぎてしまうと大きく味が変わってしまうので、あくまでも少量ずつ使用しましょう。